バセドウ病で体温、脈拍低下、大丈夫か?俺

非接触タイプ体温計(Amazon広告)

最近、低体温化しているカンジです。今朝は35.4度ありましたが先日初の34度台を記録。やはり薬の効果が出過ぎているのかもしれないです。

脈拍の方は最近少し戻りつつあるが、Applewatchによると一時期は安静時の脈拍数が50を切って49辺りまで下がっておりました。

 

目次

体温低下によるデメリットは?

低体温になると代謝量低下、消化機能低下、免疫力低下等、いい事がありません。アレルギーも持っているので、何とか体温を上昇させたいです。

 




 

低体温対策は?

色々と調べてみましたが、やはり運動のようです。後は食べ物。今は気温も低いので鍋やスープが良さそうです。後は香辛料の効いた料理、カレーとか良さそうです。

 

カレーは代謝もアップさせる効果があるそうなのでバセドウ病や橋本病治療中の方で体温や代謝が下がってきたなー、という方にはおすすめです。

 

瞑想も効果有り?

瞑想には本来、自律神経を整える作用がありますので、その結果、代謝を良くしたり、体温調整を整えたりする効果があると思いますのでコチラもオススメです。

瞑想の記事はコチラ→バセドウ病治療のメンタルケアには瞑想が有効

35度台は今までもありましたが34度台は初めてだったのでちょっと不安です。最近、ボーっとしたり布団から出たくなくなったりするのも低体温が原因なのかもしれませんね。

マイナス思考になりがちな寒さが続いていますが、治療初期なので色々起きるのは仕方ない事。何とか乗り切りたいと思います。

まとめ

低体温対策について、軽い運動、食事(鍋、スープ、カレー等)、睡眠を規則正しくする事、瞑想もおすすめ。こんな感じでしょうか。

非接触タイプ体温計(Amazon広告)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Twitterもやってます!よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:カンジです
年齢:非公開
血液型:A型
趣味:散歩、カフェ巡り、読書
職業:WEBデザイン関連
blogを始めました。良かったら見に来てね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる