カンジよお前はもしや暇なのか?と思った方に。

 



 
何だかんだと言いながらこのblogも、いつの間にか?というか、こっそり50記事を超えていました。心房細動発覚が8月終わり頃。

一応、その頃から日記は書き貯めていたので、ブログは約3か月が経過したって事になります。1つの記事で平均して700~1000文字位の記事になるようにしているので、概算で約5万文字もの文字数を書いた事になりますね。(おー、そう考えると俺頑張ったなー)

が、しかーし、文章としてはお世辞にも上手とは言えない、読みにくい記事が多かったのは反省点でもあります。よく話しが脱線しちゃうし。。。この記事も何だこりゃ、ってツッコミは無しでお願いします。w
 




 

目次

何故こんな勢いでブログを更新してきたのか?

こんな弱小ブログですが、せっかく閲覧いただいている方のお役に立てるよう、これからもまだまだ頑張っていきたいと思っています。文章力や構成力が無い分、ネタ集めやら最新newsとかで何とかカバーしなきゃ、、、

で、本題になりますが、家庭持ちのサラリーマンが何故?こんなにブログを更新出来ているの?カンジはニートなんじゃねーの?本当に家庭持っているのか?と疑問に思う方が、もしかしたらいらっしゃるかもしれないので、今日はその種明かしをします。

実を言うと、少し前まで会社から、バセドウ病の治療初期にしばらくお休みをいただいておりました。理由は産業医からのススメで強い副作用や新型コロナ、クリーゼ等のリスク回避のためというのと、今までの有給やら累積していたお休み、夏季休暇等、色々含めるとなんと100日以上のお休みがあったのです。

えー!?そんな事あるー?と言われてしまいそうですがw。(というか、今までが使わな過ぎか?)

 

時間を有効に使いたかった

という事でお休みの間、色々とインドアな生活を送っており、映画を見たり本を読んだり、グダグダしていました。(少し勉強もしたんだよ。。。)

でも、こういうまとまった時間って学生時代以来だったんで、無駄にはしたくないなーと思いました。何かやりたい。何か作りたい。何か残したい。遊びっぽくないものがいい。。と。

先ず思いついたのが、家でも簡単に出来るブログでした。前からブログ作成に関しては経験があったんで準備は早かった。ただ、ネタに関しては自分が何を発信できるのか?結構、悩みました。

仕事の事は社外秘もあるので難しいんですよね。ついポロっと出てしまいそうでコワイ。やっぱり今バセドウ病にかかったので苦労した事、辛かった事、病気と闘っていく上で自分が経験した事がいいかな、と思いましてどんどん書きました。バセドウ病の事についてもネットでかなり調べたりもしました。

次から次へ襲ってくる症状や副作用があるので、これまでは書くことはいっぱいありました。恐るべしバセドウ病。

 



 

テレワークによる時間的余裕も

テレワークになった今も通勤時間が無くなった事で、使える時間が単純に増えたと思います。

ただ、実をいうと、もう書き貯めていたというか、潤沢だったストック記事(予約投稿している記事)も、ついに底をついてきたのです。段々と記事更新頻度が下がるかもです。ピンチです。新たなカテゴリーを開拓するかなー。

ですが、このブログの根幹というか「バセドウ病ブログ」っていうタイトルと大きく違う内容を書くのも違和感があるし、今まで作ってきた記事は何だったんだろう。。というような記事を書くのもなかなか勇気がいるんですよねー。そういうのは、雑談コーナーで書くとして、何か次なるコンテンツを考え中です。

 

次なるネタは?

バセドウ病にかかって仕事を休んだ場合、こんな事をやるといい!というのでも書きましょうか。。。でもバセドウ病って女性の方が多いから、ダメか。。。自分のような男がオススメするものを書いても、へー、そうですか。。で終わりそうな気が。。。

 

伊藤病院に関して何か書きましょうか。前から一つ思っていた疑問というか不安があるんですよね。もし、バセドウ病を劇的に治す薬や治療法が発見された場合、伊藤病院はどうなるのでしょうか?という疑問。

伊藤病院を一つの会社として例え、バセドウ病治療を1つのサービスとして例えた時、つまり経営的な視点で伊藤病院を見たときに、ここまで集中戦略で成長してきた伊藤病院。イノベーターが現れた時の脆さを感じてしまうのは私だけでしょうか。(職業病かもしれません)

ですが、バセドウ病を治す為の研究や勉強もされている、伊藤病院の若い医師の方もいらっしゃるのではないかと思いますし、いつか本当に簡単に治ってしまう病気になるかもしれませんよね。

将来に向けて医師の方々のキャリアもそうですが、伊藤病院としての事業のポートフォリオを組んでおいた方が良いのでは?と思ったりもします。(んー、かなり余計なお世話ですねw)

と言うネタはちょっと微妙でしょうか?んー、ビジネス路線に無理やり持っていくのもちょっと固いかな。

 




 

こんな事を考えている余裕があるという事はやはり自分は「暇」と思われても仕様がないですね。w

ネタはまたゆっくり考えていきたいと思います。
 




 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Twitterもやってます!よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:カンジです
年齢:非公開
血液型:A型
趣味:散歩、カフェ巡り、読書
職業:WEBデザイン関連
blogを始めました。良かったら見に来てね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる