米国国立がん研究所(NCI)アイソトープ療法の安全性に新たな疑問




 




 

1年位前に発表された記事を今更だが見つけたので記事にしました。当時はバセドウ病とは無縁だった為、気にもしていなかったのだろうが、今の自分にとっては非常に興味深いものであった。

概要としてはNCI(米国国立がん研究所)が甲状腺機能亢進症の治療後にがんによる死亡リスクの長期的な増加が見られる、というレポートとなっており、詳細は以下の通りとなります。

 

NCI放射性ヨウ素(RAI)治療に関するレポート

放射性ヨウ素(RAI)とは所謂、アイソトープ治療と呼ばれるものです。放射性ヨウ素を体内に取り込み、甲状腺にとどまりやすい性質を利用し、放射線の力によって甲状腺細胞の数を減らします。これにより、甲状腺の腫れが縮小し、甲状腺ホルモンの分泌が減少します。

 

この治療方法は歴史が長く、1940年代から使われている治療方法でした。これまで安全性については、白血病や甲状腺がんを引き起こすような証拠や懸念は無いと、十分検証が行われていたようですが、2019年NCIによるレポートでは、追加の検証が必要ではあるものの、長期的には一部、懸念やリスクがあるのでは、という内容の発表でした。

NCI発表内容は以下の通りとなっております。

 

 



 

原文はコチラ→https://www.cancer.gov/news-events/press-releases/2019/radioactive-iodine-hyperthyroidism-cancer-death-risk
発信元:米国国立がん研究所(NCI)
投稿日:2019年7月1日
翻訳:Google翻訳

❝引用

甲状腺機能亢進症の放射性ヨウ素(RAI)治療を受けた患者の研究からの所見は、治療の線量と乳がんを含む固形がんによる死亡の長期リスクとの関連を示しています。国立衛生研究所の一部である国立癌研究所(NCI)の研究者が主導するこの研究は、2019年7月1日にJAMA内科で発表されました 。

「甲状腺機能亢進症の治療を受けた患者のこれまでの最大のコホート研究で、この広く使用されている治療と乳がんを含む固形がんによる長期死亡リスクとの間に明確な用量反応関係を特定しました」と北原カリ博士。、NCIの癌疫学および遺伝学部門の、研究の筆頭著者。「現在標準範囲の線量を使用して治療されている1,000人の患者ごとに、放射線被曝の結果としてさらに約20〜30人の固形がんによる死亡が発生すると推定しました。」

1940年代から甲状腺機能亢進症の治療のために米国で広く使用されてきたRAIは、甲状腺機能亢進症の3つの一般的に使用される治療法の1つです。他の2つは、人気が高まっている抗甲状腺薬と、最も使用頻度の低い外科的治療です。

新しい発見は、1946年から1964年の間に放射線で治療された甲状腺機能亢進症(主にバセドウ病)の人々の大規模なコホートの長期追跡調査、共同甲状腺中毒症治療追跡調査からのものです。元のコホートからの約19,000人を含み、全員がRAIを受けており、研究開始時に癌を患っていなかった新しい分析では、研究者は各臓器または組織への放射線量を推定する新しい包括的な方法を使用しました。放射線の大部分は甲状腺によって吸収されますが、乳房や胃などの他の臓器も治療中に露出します。

研究者らは、臓器に吸収された線量とその部位の癌による死亡率との間に正の用量反応関係があることを観察しました。この関係は、100ミリグレイ(mGy)の用量ごとに乳がん死亡率の相対リスクが12%増加した女性の乳がん、および死亡率の相対リスクが増加した他のすべての固形腫瘍について統計的に有意でした。 100 mGyごとに5%ずつ。

これらの発見に基づいて、研究者らは、現在の治療に典型的な放射線量で治療された甲状腺機能亢進症の40歳の患者1,000人ごとに、19から32の放射線に起因する固形がんによる死亡が生涯超過すると予想されると推定した。

研究者によると、米国では、人口の約1.2%が甲状腺機能亢進症を患っており、女性は男性よりも甲状腺機能亢進症を発症する可能性がはるかに高いとのことです。したがって、乳がん死亡率の調査結果は、甲状腺機能亢進症の治療を受けている女性の大集団に特に関連していると北原博士は述べた。

「固形がん全体、より具体的には乳がんによる死亡リスクの増加は中程度であることがわかりましたが、RAIは依然として甲状腺機能亢進症の治療として広く使用されています」と彼女は述べた。「患者とその医師にとって、利用可能な各治療オプションのリスクと利点について話し合うことが重要です。私たちの研究の結果は、これらの議論に貢献するかもしれません。」

研究者らは、甲状腺機能亢進症の他の利用可能な治療オプションに対する放射線のリスクとベネフィットの比率をより包括的に評価するには、追加の研究が必要であると書いています。さらに、元のコホートの患者に投与された抗甲状腺薬の種類が最近処方されたものと異なっていたため、研究者は、比較を含め、現在の抗甲状腺薬の長期的な健康への影響を評価するために、より多くの研究が必要であると書いたRAI治療へ。

国立がん研究所(NCI)について:  NCIは、予防とがん生物学の研究、新しい介入の開発を通じて、がんの蔓延を劇的に減らし、がん患者とその家族の生活を改善するための国立がんプログラムとNIHの取り組みを主導しています。そして、新しい研究者の訓練と指導。がんの詳細については、NCIのWebサイト cancer.govにアクセスする か、NCIのコンタクトセンターであるCancer Information Service(1-800-4-CANCER(1-800-422-6237))に電話してください。

国立衛生研究所(NIH)について: 米国の医学研究機関であるNIHには、27の研究所とセンターがあり、米国保健社会福祉省の構成要素です。NIHは、基礎、臨床、およびトランスレーショナル医学研究を実施およびサポートする主要な連邦機関であり、一般的な疾患とまれな疾患の両方の原因、治療、および治療法を調査しています。NIHとそのプログラムの詳細については、nih.govにアクセスして ください

引用❞

 

 



 

 

カンジによる個人的見解

とは言うものの、実態としてはやはり、アイソトープ療法が患者の甲状腺の大きさ、容体や状況によっては有効なケースもあるのではないかと推察する。

当治療方法を検討する場合、上記発表内容により、このような研究結果がある事を、自身でよく把握した上で、慎重に担当医師と相談するのが良いと思う。

個人的には長期的に見た時に、若干リスクが向上する疑いを認めざるを得ないが、当治療方法を行う場合、予後、長期且つ定期的な検査をしっかり行う事で万一のリスクを減少させなければいけないだろうと結論付けました。

自分自身も近い将来、この治療方法に頼る時が来るかもしれないので、よく肝に銘じておきたいと思います。

 

最後に、、、

当記事は、最新のバセドウ病治療に関する情報を共有する事を目的としております。治療方法の変更や推奨をする為のものではありません。また、この記事に記載した内容が安全性や治癒の保証、又はその逆を裏付けするための記事ではありませんので予め、ご理解ご了承ください。

また、Google翻訳ツールを使用しております。細かいニュアンスや解釈は原文と差異がある場合がありますのでご注意ください。

 




 




 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です