バセドウ病新治療薬「K1-70」の治験結果はまだ?

久しぶりにバセドウ病治療最新newsのカテゴリー記事となる。以前、このblogでも触れてたかもしれないが、一昨年辺りからバセドウ病の新治療薬「K1-70」という薬の治験が行われており、予定では今年の6月辺りで終了だったと記憶している。

以下、臨床試験情報詳細データベースの公式HP↓

あわせて読みたい
臨床試験情報詳細画面 | 一般財団法人日本医薬情報センター 臨床試験情報

本来であればページの一番下に結果が掲載されるはずなのだが、まだ未掲載のままだ。可能性として考えられるのは被験者の数が足りなった、又は評価委員会の審議の順番が変わった可能性。(新型コロナ関連の治験薬を優先している兼ね合いで、結果の審議がまだ行われていない可能性)

私も医療関連のプロではないので断言は出来ないが、この薬はTSH受容体拮抗薬と記載があるので、ホルモンの分泌量をコントロールするものではなく、ホルモンを受容する側の器官をコントロールする薬ではないかと思われる。

つまり、根本治癒が見込める革新的な薬ではないかもしれないが、一部既存の治療薬ではコントロールが難しい症状が出ている方には有効な薬なのではないだろうか。

結果が発表されたら、改めて当blogでも紹介したいと思う。続報に期待したいところだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Twitterもやってます!よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:カンジです
年齢:非公開
血液型:A型
趣味:散歩、カフェ巡り、読書
職業:WEBデザイン関連
blogを始めました。良かったら見に来てね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる