バセドウ病治療のメンタルケアには瞑想が有効

こんにちは、カンジです。

今日は、バセドウ病治療で大切なポイントに気づいたので忘れないうちに書いておきたいと思います。

 

 

バセドウ病治療のポイントは瞑想によるメンタルセルフケア

この病気はある程度の治療方法が確立されております。投薬、アイソトープ、術式と、これがダメならコレとか、副作用やら気を付けなければいけないポイントやリスクもありますが、病気に対する治療方法は色々選択肢もあります。但し、完全治癒は難しいのかもしれませんが、抑止する治療方法があります。

そんな中、この病気と向き合う上でとても大切なポイントがあるのではないかと最近気付いたことがあります。それはメンタルケアです。バセドウ病治療中はメンタルケアに必要な特効薬が病院から出る事はあまりないでしょう。そこで、個人的には瞑想をオススメしたいと考えています。

 

何故、メンタルケアが必要なのか?

それは治療中に服用する薬の副作用の特性やバセドウ病の症状と関係しています。

バセドウ病自体の症状は眼球突出や亢進により痩せてくる、発汗等の症状が人によってあります。そして治療に入り投薬を開始すると今度は逆に太ってしまったり、副作用で脱毛等が出る場合があります。

これらの症状は身体的な見た目に現れる症状です。
ポイントとしてはこれらの副作用や症状自体は日常生活への支障があまり無い為、医学的というか、治療について、あまり優先されない点が挙げられます。(例えば、発汗症、肥満症、脱毛症については保険適応外です)

ストレートに言ってしまうと、お医者様はこのように太ってしまう事であったり、脱毛への対策についてはぶっちゃけあまり意識をされておらず、これらの治療や抑制する事よりも最優先すべきはホルモンの数値を抑制する事に集中されております。(人命優先の考えから当たり前なので、悪い事ではありません、、、)

 

 

だとしたらこれらの症状を無視する?

ですがこの病気、以前の記事でも触れましたが、患者様は若い女性が多くいらっしゃる病気です。ほんの数カ月前とは別人のように変わり果てた姿を鏡で見たら、どうでしょうか。。。

誰しもが落ち込むのではないでしょうか。。。症状の程度によっては人前には出たくなくなったり、酷い場合は精神的な病に陥ってしまう方もいらっしゃると思います。

 

 

ではどうすれば解決できるのか?

先ずは、これらの症状が永遠に続くものではない事を知っていただき、お医者様を信じてホルモンの数値に集中していただきたい。一時的に薬の副作用は出るものの数値が安定しさえすれば、用量を減らすことも出来ますし、そうすればまた元気な髪が生えてくるのです。太ってしまう事についても同様です。

そして、精神的に落ち込まないようメンタルケアが必須だと思います。個人的にはストレスケアに有効とされる瞑想をオススメします。(私は宗教や特別な信仰はありません)最近はGAFAなんかでも瞑想を取り入れている企業も多いようです。(海外ではマインドフルネスという名で呼ばれる事が多い)

 

瞑想

 

実は私、バセドウ病になる数カ月前から、毎日10分~15分程度ですが、瞑想をやっております。これをやると悩みやモヤモヤがスッキリし、周囲の雑音を気にしなくなるような感覚があります。また、困難な問題への対策の考えが纏まりやすくなったり、判断力が付きました。

実は科学的にも瞑想によるメリットが分かっており、海外の大学の論文や実験でも、集中力の向上、免疫力向上、ストレスケアや脳の働き、スポーツでのパフォーマンスやリラックス効果等が証明されているそうです。

何よりも、瞑想はお金が一切かからないところが良いですよね。それに一日たったの10分程度でいいんです。いや忙しい時なら3分とか5分でもやらないより全然いいと思います。

 

それでも、家で瞑想なんて出来ない!って方には歩行瞑想もオススメです。
歩行瞑想のやり方はコチラ↓
今日は歩行瞑想をしてみた(walking meisou)

 

DAIGOさんの動画もオススメ!

芸能人のDAIGOさんが動画で瞑想をオススメする理由や、やり方等を紹介されています。とても分かりやすい動画なので、もし興味があれば見てみると面白いかと思います。

DAIGOさん動画URL(瞑想のコツ):
https://www.youtube.com/watch?v=OK31TqFE44A

 

まとめ

「瞑想」って聞くと怪しいと思われるかもしれませんが、実は全然そんな事はありませんので良かったら、やってみてください。

わたくしカンジ個人的見解ではありますが、バセドウ病治療には薬による物理的な治療のみではなく、ストレスケアがとても大事であると考えます。きっと瞑想があなたの精神面の支えになる事でしょう。

また、「瞑想」はデメリットよりもメリットの方が断然多いので、バセドウ病の患者さんでない方にも普通にオススメします。仕事や人間関係、恋愛等、悩みやストレスを抱えている方にはきっと「瞑想」がそれらの解消や減少に役立つ事でしょう。早い人は2~3ヵ月の継続で実感を感じる方もいるようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です