日亜化学、新型コロナLED照射で99.99%不活化する装置を開発

タイトルに記載した通りですがこのような装置を、日亜化学が開発したそうです。このような装置があれば、空気清浄機やエアコン内部に装着し、家庭内感染や、院内感染を防止する効果が期待出来るのではないでしょうか。

個人的には、病院、介護施設、学校、職場等、不特定多数の人が集まる場所に優先的に設置するのが良いかと思います。

余談)不活化・・・「ふかつか」と読みます。本来の働きを失わせる作用のこと。だそうです。

以下、朝日新聞デジタルさんのURLになります。↓

あわせて読みたい
Access Denied

個人的に、この技術を応用すれば、光学的な観点で新型コロナを簡単に検査する事が出来ないものか?という気がしました。

光を照射した結果、ウイルス側に弱体化等の変化が起きるのでれば、照射した光の反射又は透過した結果、ビフォーアフターで何か変化があるのではないでしょうか。

また、治療には使えないのでしょうか?日焼けサロンの紫外線やオフィスPCのモニタ画面に同一の光量を照射したらどうなるのでしょうか。感染したコロナが死滅するとか・・・。

そんなに甘くはないですよね。。。子供じみた発想で大変失礼しました。

来週はいよいよ2度目のワクチン(モデルナ製)接種です。日が近づくにつれ不安と期待(安心)が交錯するという複雑な心境です。2回目はヤベーよと周囲の人から警告をされました。

モデルナ難民という言葉をネットで見かけましたが、果たして私は接種出来るのでしょうか?供給体制は間に合うのだろうか。。。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Twitterもやってます!よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:カンジです
年齢:非公開
血液型:A型
趣味:散歩、カフェ巡り、読書
職業:WEBデザイン関連
blogを始めました。良かったら見に来てね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる